タミフル予防投与

タミフル予防投与/家族や身近にインフルエンザがいたら予防効果

タミフルの予防投与でインフルエンザに対処できます。

 

インフルエンザが流行し始めますと、爆発的に広がり、家族の中にインフルエンザの患者が出る事で家族間での感染は避ける事ができません。

 

同様に、学校職場などでも1人感染者が出ますと他の人にインフルエンザウイルスをまき散らして、多くの方がインフルエンザに感染してしまいます。

 

インフルエンザワクチンをしていても、インフルエンザに感染してしまうケースが最近では多いので、ワクチンをしたからと安心していられません。

 

ある意味、ワクチンが効かないケースが最近では多くなっています。

 

一旦インフルエンザを発症しますと、高熱と呼吸器系の疾患が出てきてとても苦しい思いをします。

 

インフルエンザには特効薬のタミフルがありますので、発症して48時間以内に服用する事で症状を早く沈めて、回復も短い時間で回復する事が出来るようになります。

 

タミフル予防投与

タミフルはインフルエンザA型B型に良く効きます。毎年流行するインフルエンザのタイプはこのどちらかのケースが多いですので、家族や身近にインフルエンザが確認できましたら、すぐにタミフルを服用する事で、インフルエンザの辛い症状が出ないまま健康に暮らす事が可能になります。

 

インフルエンザは、完治しても2日ぐらいはインフルエンザウイルスをまき散らす事が知られていますので、回りの方でインフルエンザに感染して健康体になったからと言っても2日ぐらいは隠れインフルエンザ患者ですので、注意が必要です。

 

タミフルを上手に利用してインフルエンザが酷くならないようにしましょう!

 

タミフルを予防薬として使用する方法

 

インフルエンザは毎年12月ぐらいから始まり、1月〜3月がもっともピークな時期になります。

 

人はインフルエンザに感染しますと、2日程の潜伏域間を経てから3日目ぐらにに発熱や頭痛、だるさなどが出てきます。

 

インフルエンザの症状

タミフルなどの抗インフルエンザ薬は、熱が出るなどの症状が出てから(感染の有無を調べる検査をしたうえで)使用します。しかし実はそれ以前の潜伏期間に飲むと、発症を抑えることもできるのです。

 

中外製薬の発表によりますと、予防としてタミフルを服用した人のインフルエンザの感染率は、1.3%だと言われています。

 

タミフルは通常は熱が出て、鼻の粘液からインフルエンザの検査をして陽性になった場合に医者がタミフルを処方してくれます。

 

この場合には、すでに体内では2日程前にインフルエンザに感染をしており、熱が出てくるのは3日以上経った状態でわかる事になります。

 

ですので、この状態でタミフルを服用しても症状をはやく沈める事が出来る程度の効果になってしまいます。

 

体内にインフルエンザが潜伏している間にタミフルを服用する事で、症状が全く出ないままインフルエンザを死滅する事ができます。

 

特に、免疫力の落ちた老人や、明日に受験を控えたお子さんなどは、発症しますといろんな意味で大変です。

 

そんな事態を事前に防ぐには、タミフルを予防薬として事前に服用する事で防ぐ事ができます。

 

ですが、症状が全く出ていない状態で医者に行っても、タミフルを保険適用で出してはくれません。。。。。

 

全額自由診療になってしまいますので、その点はよく理解しておきましょう。

 

可愛い子供やお年寄りがインフルエンザで酷い目の合う事を考えればお金には変えられません

 

タミフルの個人輸入

 

タミフルの個人輸入

タミフルが何とか欲しいがお金の問題で困っている方は下記のような方法もあります。

 

※ですが全て自己責任になる事はよく理解して行って下さい!

 

薬の個人輸入に関しては、日本の法律で一定量(約3ヶ月分)までなら、個人で海外から薬を輸入してもいいと言う法律になっています。

 

医薬品等の個人輸入について

 

この方法を使用する事で海外から直接タミフルを手に入れる事ができるようになっています。

 

実際に海外から薬を個人輸入しようと考えていても、なかなか簡単には個人で薬を輸入する手続きはできません。

 

そこでお役に立つのが、代行業者の存在です。この煩雑な作業をあなたに代わって代行してくれます。

 

欲しい薬をネットショッピング感覚で購入する事ができます。

 

ですが、いい加減な代行業者も多く存在していますので、購入するときになよく気を付けて購入業者を選びましょう。

 

薬の個人輸入にはかなりの自己責任と言う大きなリスクがある事は忘れないで下さい

 

ですが上手に利用すれば、そんなに怖いものではありません。

 

予防薬としてのタミフルの服用方法

 

通常、インフルエンザで熱を出してタミフルを服用する場合には、75mgのカプセルを1日2錠5日程使用しますが、予防としてタミフルを使用する場合には75mgを1日1錠7〜10日服用する事で、十分に効果を発揮してくれます。

 

・65歳以上の高齢者
・慢性呼吸器や慢性心疾患のある方
・ 糖尿病などの代謝性疾患のある方
・腎機能障害の方

 

上記の様な疾患のある人が、インフルエンザ患者に接した又は、家族にインフルエンザが出た場合には、早期に服用する事でインフルエンザを防ぐ事が可能になります。

 

インフルエンザの予防として、効果のあるのはタミフルを服用している10日間だけですので、勘違いをしないようにしましょう。
インフルエンザの予防は基本的に手洗い、うがいです。

 

家族にインフルエンザが出た場合には、だいたい5日程で治りますので10日タミフルを服用していればまず問題はありません。

 

以上のような意味でタミフルは家庭に備蓄してい置く事が重要になります。

 

医者で購入した場合には、自由診療で保険が効きませんので、高額の出費になります。

 

お子さんにタミフルを利用した場合には異常行動なども報告されているようですので、服用後にはよくお子さんを見ている事が大切です。

 

どんな薬にも副作用は必ずあります。
又、もう一つの治療薬として、リレンザというお薬がありますが、その薬と比べると1.5倍程副作用が強いようです。

 

ただ、タミフルには子供にも飲みやすいようにシロップがありますが、リレンザは吸入薬なので子供には与えづらいのが難点です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ